シアリスの副作用 -頭痛や顔のほてりなど-

 >  副作用

シアリスは副作用が比較的出にくいED治療薬です。

国内外で行われたシアリスの臨床試験で、発症率が1%を超えていた副作用は7種類存在します。2304件の臨床試験が行われ、副作用に関する669件の報告があります。割合にするとおよそ29%です。中でも頭痛は最も多く、287件が報告されています。全体に占める割合はおよそ12.4%です。消化不良や背部痛、赤ら顔や筋肉痛の他に鼻づまりや四肢痛も報告されています。

全体の中でも特に多いのは頭痛と消化不良です。消化不良の件数は145件で全体に占める割合はおよそ6.2%となっています。背部痛は68件で赤ら顔は64件、筋肉痛は54件です。いずれも全体に占める割合は3%弱とされます。鼻づまりと四肢痛はそれぞれ38件と36件で全体に占める割合は1.5%ほどです。

背部痛は腰やお尻、太ももの裏やふくらはぎなど身体の裏側の部分で強い筋肉痛が起こる症状です。四肢痛は手や腕、足で起こります。筋肉や関節、軟部組織に痛みが現れる症状です。背部痛や四肢痛は発症率が低めなのであまり見られません。

全体の割合の中では頭痛や消化不良が多く見られます。ただしシアリスは遅効性なので、全体的に副作用の発症率が低めです。体への負担が少ないので安心してED治療に使用することができます。

シアリスで最も多い副作用は頭痛と顔のほてり

シアリスの副作用イメージ

シアリスを服用した人が最も多く発症する副作用は頭痛です。顔のほてりも多く見られます。シアリスには有効成分としてタダラフィルが含まれています。タダラフィルは血管を拡張して血流を促進します。ペニスの海綿体に流れ込む血流が増えるので勃起しやすくなります。脳の血管が拡張されると周囲の神経組織を刺激するため頭痛を発症します。また血流が促進されることから顔が潮紅しやすくなります。

タダラフィルは体内でゆっくりと吸収されるという特徴が存在します。他のED治療薬は即効性があるため副作用も発症しやすいという特徴があります。一方でタダラフィルは遅効性のため副作用を発症しにくいというメリットが存在します。

確かに服用した患者の中には頭痛やほてりを感じる人もいます。しかしこれらの症状は基本的に軽微なものなので問題はありません。むしろこれらの症状が現れたことで有効成分が効果を発揮していると判断することができます。

タダラフィルは性行為の3時間前に水かぬるま湯で服用するのが通常です。少量であればアルコールと一緒に服用することもできます。効果はゆっくりと現れ、最大で36時間ほど持続します。軽い副作用が現れても、持続時間を過ぎれば自然と治まるので問題はありません。

シアリスで下痢や便秘、吐き気などの胃腸障害が起きることがあります。

シアリスを服用すると下痢や便秘、吐き気や消化不良などの胃腸障害が起きる可能性があります。有効成分のタダラフィルは血管や消化管にある平滑筋を収縮させる酵素の働きを阻害します。胃や小腸、大腸は平滑筋という筋肉を収縮させて食べ物を消化しています。タダラフィルが平滑筋の働きを阻害してしまうと、下痢や便秘などの胃腸障害が起こることになります。

シアリスは少量のアルコールと一緒に服用することができます。アルコールは気分をリラックスさせペニスを勃起しやすい状態にしてくれますが、過度の飲酒は酩酊状態を招くため注意しなければなりません。また服用後は血管が開いているので酔いが回りやすくなります。タダラフィルを服用した後は飲酒を控える方が良いでしょう。
さらにアルコールは血管を拡張する作用があります。飲酒量が多いと血管が過度に開き副作用が起こりやすくなるだけでなく、症状を強めたり長引かせる可能性が存在します。過度の飲酒は逆効果となるので注意しなければなりません。

シアリスには下痢や便秘、吐き気や消化不良などの副作用が存在します。ただしこれらの症状は基本的に軽いので大きな問題はありません。刺激が強い場合はピルカッターなどで小さくカットし、体質に合わせて用量を増やしていくと良いでしょう。

シアリスで起こるその他の副作用は筋肉痛や動悸など

シアリスを服用すると筋肉痛や背中の痛み、動悸、鼻づまりなどの症状が現れることがあります。有効成分のタダラフィルには全身の血管を拡張させる働きがあります。開いた血管に血液が流れ込むと鼻づまりになる可能性が存在します。

筋肉痛や背中の痛みなどが起こる原因として考えられるのは、相互作用がある医薬品との併用です。例えば脂質異常症の治療薬を継続服用していた男性が、タダラフィルを服用した後で下半身を中心に筋肉痛を発症したという報告が存在します。
脂質異常症の治療薬とタダラフィルは肝臓などで生成されるCYP3Aという酵素によって無害なものに分解され、便や尿として排出されます。同時に服用すると体内に吸収された薬剤の代謝が遅れるため、副作用が強くなるのではないかと考えられています。実際に服用を中断すると、5日ほどで症状が改善されたという報告があります。

シアリスの副作用は効果の強さに比例します。血液中に存在する有効成分の濃度が低下するのに伴って徐々に治まります。タダラフィルの血中濃度は、服用して2時間から5時間ほどでピークを迎えます。さらに14時間ほどで半減することになります。副作用はどれも基本的に軽いものなので、体に大きな負担をかけることはありません。時間が経過すれば自然に回復するので安心して服用できます。

シアリスでまれに起こる、注意すべき重篤な副作用

シアリスは遅効性なので体内でゆっくりと吸収されます。そのため基本的にあまり副作用を発症しないという特徴があります。しかしごくまれに狭心症の発作や過敏症、持続勃起症などの重篤な副作用が起こるケースが存在します。

過敏症は発疹や蕁麻疹の他にも顔面浮腫や剥奪性皮膚炎などがあります。これらの症状が見られることはほとんどありませんが、もし発症した場合は服用を止めて適切な処置を行わなければなりません。

持続勃起症になった場合は、4時間以上にわたって痛みのある勃起状態が続きます。この症状はプリアピズムや陰茎強直症とも呼ばれており、ペニスが勃起状態のまま通常時に戻らなかったり戻りにくくなります。ペニスの海綿体内に存在する動脈系の破綻が主な原因とされます。長時間にわたって勃起が治まらない場合は、直ちに医師の診断を受けてください。

シアリスを服用すると青と緑の区別がつかなくなる視覚異常が生じる可能性が存在します。この異常は一過性のものなので基本的に問題はありません。ただし著しく視力が低下する場合、非動脈炎性前部虚血性神経症となる可能性があります。視神経への血液供給が止まり、細胞が機能不全を起こしたり壊死する重篤な症状です。著しい視覚異常が見られる場合、医師に相談する必要があります。