シアリスの効果 -36時間の持続力で勃起を促進-

シアリスの勃起効果は効き目がマイルドでゆっくり効いてきます。

シアリスの効果イメージ

シアリスは、マイルドな勃起効果があり効き目がゆっくりと実感できるのが特徴です。性交の1時間前の服用が推奨されていますが、実際には3時間程度で強く効き目を実感できたという意見もあります。性交の1時間前を意識しすぎて緊張してしまい上手くできない、というケースもありますので時間に縛られすぎないのが重要です。

シアリスは、マイルドな効果が長く続くのが特徴の勃起治療薬ですので服用するタイミングにはそれほど神経質になる必要はありません。早く飲み過ぎたからと言って急に効果が下がることもないですし、数時間程度のずれは何の問題もないので大丈夫です。

シアリスは、服用すると徐々に勃起力が高まる薬ですので服用してから、1時間以上たってからの成功をおすすめします。セックスをするようになるシチュエーションは様々ですし、服用して一時間後にすることが出来るとは限りません。この薬の良いところは、そうしたデリケートな問題も優れた持続力とマイルドな効き目がありますので安心して服用することが出来ます。少し前から飲んでおいても、それが勃起力に影響を与えることはありませんので、時間的な制約が少ない治療薬として多くのユーザーから愛用されています。

シアリスは36時間にわたって効果が続く強力な持続力が特徴

シアリスは、36時間という驚くべき持続力がある勃起治療薬ですが、これはウィークエンドピルとして充実した週末を過ごしたい人の間で人気を集めています。36時間というと、ちょうど1日と半分の時間ですので、週末を過ごすには十分の時間と言えるのではないでしょうか。

シアリスは、持続時間が長めなのが特徴の薬ですので、例えば金曜日の夜に服用してセックスを楽しんだ後、翌日の夜も数値上は効き目が持続していることになります。そのため、金曜日も土曜日も勃起力を気にすることなくセックスをすることが可能です。
実際、高齢の男性がシアリスを服用した場合でも次の日の朝何もしていなくても勃起しているという例は少なくありません。これは、この薬の持つ優れた勃起力と持続性を証明していると言えるのではないでしょうか。

36時間にもわたる強力な持続力を持つ薬ですので、翌日もセックスをする予定があるという人には最適です。他の勃起治療薬では、即効性があって持続性が無いというものもありますがこの薬の場合はその逆ですので、長く性交を楽しみたいという人にはこちらの方が向いています。それが、週末を楽しむことが出来るウィークエンドピルと呼ばれる所以です。

シアリスは最も食事の影響を受けにくいED治療薬です。

大切な人とセックスをする前に、おいしい食事に舌鼓を打つという人は少なくないのではないでしょうか。良い雰囲気に持っていくためにも、おいしい食べ物を食べて語らう時間は重要です。

シアリスは、勃起力をサポートしてくれる頼れる薬ですし、勃起治療薬の中でも食事に影響を受けにくい治療薬として知られています。こうしたタイプの薬は、影響を受けやすいため配慮が必要な物がありますが、シアリスの場合には800kcal程度を目安として比較的自由に食べることが出来るので安心してディナーを堪能することが可能です。
800kcal程度なら、比較的好きなものを食べることが出来ますし量を調整することで最適な状態を維持することが出来ます。食事の影響を受けやすいED治療薬の場合は、神経質にメニューなどを選ばなければならないため大変な面もありますが、シアリスはそうした心配が少ないため精神的な負担も少ないです。

800kcalはあくまでも目安となりますが、体格や日頃食べている量などを目安に考えると良いでしょう。薬の効果をしっかりと実感することが出来るためのベース作りは重要ですし、食べ物の量や内容にあまりセンシティブではないのも、メリットです。

シアリスが効果を発揮する仕組みは血管拡張作用にあります。

シアリスが効果を発揮する仕組みは、血管拡張作用にあります。PDE5という成分は、血管を拡張させる働きを持つ環状グアノシン一リン酸を分解する働きをしますが、シアリスはPDE5の作用を阻害することによって勃起効果を高めることが出来るのがメリットです。

シアリスを服用すると、優れた勃起力が持続しますが、それはPDE5の働きをブロックしてくれる作用がこの薬にあるからと考えられます。そのおかげで環状グアノシン一リン酸の働きが活発になり、血管が拡張して勃起が持続するのが特徴です。こうした仕組みを知っておくことで、服用して数時間が経つとより強く勃起力が持続するメカニズムにも納得がいきますし安心して服用することが出来ます。仕組みがわかっていなくても問題はありませんが、勃起治療薬は血流などに影響がある薬ということを知っておくことも重要です。
環状グアノシン一リン酸という名前は聞きなれないものではありますが、一定の規則がある身体のメカニズムに正しく効果を発揮させられるのが、この薬の特徴でもあります。優れた薬として多くの人から採用されている製品には、このような機序で効果が発揮されているということも知っておいて損はないでしょう。

シアリスが効かない場合に考えられる原因

シアリスが効かないイメージ

シアリスが効かない場合に考えられる原因は、食べ過ぎによるものがあります。この薬は、比較的食事の影響を受けにくいのが特徴ですが、それでも食べすぎによる影響は無視することが出来ません。せっかくの薬が無駄にならないようにするためには、暴飲暴食を控えて適度な食事をとるようにしましょう。

また、ストレスによる影響も考えられます。ストレスは万病のもとですし、勃起不全自体にも良くありません。シアリスを服用しているのに勃起する力が弱まってしまう、というのも何らかのストレスや緊張で血行が悪くなっていたり上手に薬が作用しない原因となります。

どんなに良い薬を使っていても、何らかの心配事があったり疲れがたまっている状態ではうまくセックスをすることが出来ないケースは少なくありません。その為にはリラックスできる環境づくりや、メンタルの状態を保つことが重要です。リラックスすることが出来る時間を作ったり、好きな食べ物を少量ずつ楽しみながら食べるといった工夫は、勃起不全の人には大いに役立ちます。食べすぎは勃起以外にも様々な害をもたらしますので、腹八分目程度に抑えて食べ過ぎないことが重要です。そうすることで、シアリスの効き目も実感しやすくなります。